ホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードウーシュ

何の変哲も無い普通の素振り用クラブに見えるし謳い文句にある素振りするだけでヘッドスピードが上がるなんてとても信じられなくて、いい加減なことを言うなって突っ込みを入れようと思いながら使い方を良く読んでみると、これはなかなかの優れものっていう感じになってきました。

使い方は手元側に付いてる磁石に写真にあるボールを装着して素振りをするとリリースポイントが自然に身に付くというものです。

そういう使い方ならスイングを造るにはなかなか良いんじゃないかと思います。シャフトのフニャフニャシャフトのようなのでゆっくり・大きく振るスイングが身に付くかもしれません。


GDOサイトからのご案内です



スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

インパクトスティック

最初にこの練習機を見た時には普通の素振り用の道具かな?と思いましたが
練習方法の写真を見ると意外に使えそうな感じがしました。

ゴルフでの飛距離アップはアマチュアゴルファー永遠の課題でもあり夢でもある訳ですが単純に
筋力アップをすればOKという訳ではありません。

合理的なスイングと筋力アップと両方が必要です。まぁ、少しゴルフをかじった人ならそれは分かって
いると思いますが、スイングと筋力アップを両立できているゴルファーは少ないと思います。

インパクトスティックの詳しい使い方は1~5までありとりあえず2まで載せました。


※詳しくは楽天サイト内「EZAKI」さんへどうぞ※



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

トランスファー・ウェッジって本当に効果的?

「トランスファー・ウェッジ」というスエー防止の練習器具があります。
内藤雄士プロコーチが推薦してるそうですが、本当にこの練習機って効果的なんでしょうか?

このトランスファー・ウェッジと同じ効果を得たいなら、ゴルフボールを踏んで練習しても良いし他に代用
出来る物は沢山あるようなきがします。

プロのコーチとして名高い内藤雄士プロがこの器具を推薦する意図が良く分かりません。





下の写真のような、「ギッコンバッタン」のスイングが「右」「左」と綺麗な体重移動ができるようになる。
と書いてありますが、残念ながらそんな上手くは行きません。

写真のようなスイングを直すにはもっと基本的な・・・アドレス・グリップなどから直さないと難しいと思いますしプロのコーチがこういう安直な方法でスイングを直せるなんて本気で思っているとは到底思えないのですが。



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

パワフルマスター

飛距離アップの練習器具は他にも沢山あり、スイングホースルミナスメディカスなどが有名です。
このパワフルマスターは名前のとおり、重いクラブで素振りをする事でパワーアップし、スイングスピード
を上げて飛距離アップするという素振り専用クラブです。

最初このクラブを見た時には「重いクラブで素振りをしてもあんまり意味は無いなぁ」と思いましたが
使い方の写真を見て「納得」です。
写真はバックスイングからトップ・トップからインパクト・インパクトからフォローの3枚ですが1枚毎に
説明をすると「納得」できると思います。
基本的に素振りは左手1本で行います。

1枚目の写真ですが・・・
・左腕がしっかりと伸びていて肩もしっかり入っています。そして、注目すべきは「下半身」で特に
 左腰がほとんど動いていません。バックスイングからトップにかけてはこの上半身と下半身の捻転差が
 重要です。よく「肩を廻せ」とかアドバイスされると下半身も一緒に廻っちゃうのでヘッドスピード
 は上がらず「ダフリ」「トップ」が頻発します。

2枚目の写真ですが・・・・
 トップからインパクトにかけての写真ですが、左手はしっかり伸びたままで身体の正面でインパクト
 しています。この状態を造るのに重要な事は「頭」がしっかり残り「ビハインザボール」の状態が保たれて
 います。左腰はその場で回転させず「飛球線方向」に少し「スエー」させています。(腰だけです)
 そうすることによって「右足の踵」が上がらずに右サイドの「突っ込み」がなくなります。

3枚目の写真ですが・・・・
 インパクトからフォローにかけての状態です。まだ左腕がしっかり伸びてますね。
 フェースローテーションもきっちり行われています。
 この状態で「右手を添えて」みましょう。右手の甲が上を向く位フェースが反っていますね。
 初心者ではなかなかこの形が出来ませんので変な癖が身に付く前にこの状態が出来るようにしっかり
 素振りで癖を付けましょう。


※この商品は楽天内EZAKIゴルフさんで販売されています。



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

股関節の柔軟体操

ゴルフを始めて少し経つと廻りから色々なアドバイスを受けるようになりますよね。
これは誰しも経験することなのですが、そのアドバイスの中で「もっと肩を回せ」とか
「もっと右足に体重を乗せろ」とか言われた事はないですか?

これは誤解を生みやすい表現の仕方です。肩は回すんじゃなくて「肩を入れる」です。
右足に体重を乗せるじゃなくて「右の股関節に体重を乗せる」です。

これを間違えると、体の軸がぶれてバックスイングで右にスエーして、スイング軌道が
バラバラになっちゃいます。

それでは、右足の股関節に体重が乗りやすくするにはどうしたらいいでしょうか?
下の写真のようなストレッチをやってみてください。
写真のように座り「ひざ」を床に付けるように押し込みます。(20秒)

このストレッチを毎日続けることで股関節の柔軟性が出来てきて、バックスイング
で股関節に体重が乗りやすくなります。

正しいスイングが出来るような「身体」を造るって言うことですね。
詳しくは写真をクリックしてGDOゴルフレッスンでどうぞ。



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

hikari310

Author:hikari310
ゴルフを始めて数十年、ゴルフスイングもそれなりの持論を持って
います。綺麗なスイングとスコアは必ずしも一致しませんが、他人から「綺麗なスイングだね」と言われる様なスイング造りに必要な道具
を紹介すると共に正しい使い方や効果も併せて解説していきたいと
思います。

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。