ホーム ≫ 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワフルマスター

飛距離アップの練習器具は他にも沢山あり、スイングホースルミナスメディカスなどが有名です。
このパワフルマスターは名前のとおり、重いクラブで素振りをする事でパワーアップし、スイングスピード
を上げて飛距離アップするという素振り専用クラブです。

最初このクラブを見た時には「重いクラブで素振りをしてもあんまり意味は無いなぁ」と思いましたが
使い方の写真を見て「納得」です。
写真はバックスイングからトップ・トップからインパクト・インパクトからフォローの3枚ですが1枚毎に
説明をすると「納得」できると思います。
基本的に素振りは左手1本で行います。

1枚目の写真ですが・・・
・左腕がしっかりと伸びていて肩もしっかり入っています。そして、注目すべきは「下半身」で特に
 左腰がほとんど動いていません。バックスイングからトップにかけてはこの上半身と下半身の捻転差が
 重要です。よく「肩を廻せ」とかアドバイスされると下半身も一緒に廻っちゃうのでヘッドスピード
 は上がらず「ダフリ」「トップ」が頻発します。

2枚目の写真ですが・・・・
 トップからインパクトにかけての写真ですが、左手はしっかり伸びたままで身体の正面でインパクト
 しています。この状態を造るのに重要な事は「頭」がしっかり残り「ビハインザボール」の状態が保たれて
 います。左腰はその場で回転させず「飛球線方向」に少し「スエー」させています。(腰だけです)
 そうすることによって「右足の踵」が上がらずに右サイドの「突っ込み」がなくなります。

3枚目の写真ですが・・・・
 インパクトからフォローにかけての状態です。まだ左腕がしっかり伸びてますね。
 フェースローテーションもきっちり行われています。
 この状態で「右手を添えて」みましょう。右手の甲が上を向く位フェースが反っていますね。
 初心者ではなかなかこの形が出来ませんので変な癖が身に付く前にこの状態が出来るようにしっかり
 素振りで癖を付けましょう。


※この商品は楽天内EZAKIゴルフさんで販売されています。



スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

hikari310

Author:hikari310
ゴルフを始めて数十年、ゴルフスイングもそれなりの持論を持って
います。綺麗なスイングとスコアは必ずしも一致しませんが、他人から「綺麗なスイングだね」と言われる様なスイング造りに必要な道具
を紹介すると共に正しい使い方や効果も併せて解説していきたいと
思います。

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。